従来モデルとは大きく変化したiphone8

subpage01

iphone8は従来のモデルとは機能性とデザインにおいて大きく異なると予想されます。



まだ詳細なデータは公開されていませんが、これまでのシリーズでは9月に発表されることが多かったこともあり2017年の9月に発売日などが発表されるのではと考えられています。

一般的な予想では発売日は10月か11月になるとされます。

現時点で最高のYahoo!ニュースについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

一方新型ディスプレイの生産状況と技術の安定性によっては2018年に延長される可能性も存在します。iphone8が従来のモデルと大きく変化した点の1つがディスプレイです。新しいモデルにはOLEDディスプレイが採用されています。

OLEDとは有機ELと呼ばれる発光現象を利用した新しい技術です。

発光ダイオードや発光ポリマーとも呼ばれます。


有機化合物で構成される発光ダイオードは電子が流れると正孔と再結合して励起子が発生し光を放ちます。



OLED自体が発光するのでバックライトや液晶が不要となり、部品の数を少なくできます。

従来の液晶ディスプレイを使用したモデルと比較すると本体が薄く軽量化され、消費電力が抑えられます。消費電量が少なくなるのでバッテリーの寿命が長くなります。

またiphone8のディスプレイは応答性も優れています。新しいiphone8はデザインも変更されており、伝統的なホームボタンが廃止される予定です。

ディスプレイの下部にはホームボタンの代わりとしてファンクションエリアが設置されます。
さらにボディカラーにもミラーカラーが追加される予定です。